自分に似合う水着選びとお手入れ方法

水着のケアの方法

水着はすぐに手入れが必要です。特にプールに入った後の水着はそのままにしておいてはいけません。プールの中の水には消毒の塩素が入っていますから、塩素は布に長時間ついていると布を漂白させる可能性があります。水着の色や柄が漂白されてしまってはいけませんから、早めにプールから出たら水着をケアしなければいけないのです。
もしも水着をそのままにして放置しておくと色が抜けたり色あせたりしますから注意しましょう。中には変色してしまう可能性もあります。またプールだけでなく海で泳いだ後の水着も早めのケアが必要です。海水の中に含まれている塩が布などにつくとこれも色を変色させてしまいますから、海にはいった後の水着も早めにケアしましょう。
具体的にはどのように水着をケアするのかというと、プールや海から出た場合には軽く水ですすいでおきましょう。これだけでケアにつながります。よく濡れているからといってビニールの袋に入れておく人がいるのですが、特に夏の場合には温度が高いのでビニールの中の温度がどんどん上がってしまって蒸れますからカビが一瞬にしてはえてしまう可能性もあります。ですからカビが生えないようにするためにも早めに袋から出して水洗いをして干せるなら干しておいて、持って帰るときには絞ってからタオルで包んで持って帰る方がいいと思います。入れる場合には通気性のいいものに入れておいた方がカビなどの心配もありません。温泉やジャグジーにはいる場合も成分によっては変色するので早めにケアしましょう。

水着のタンキニの選び方ポイント

水着でタンキニを選ぶという場合には、トップバストやヒップの部分に注意をして選びましょう。タンキニの水着は筒の形になっているので、体のいちばん出ている場所のサイズを合わせることが重要になってきます。そうなるとトップバストが一番体で出ていると思いますし、下になるとヒップが一番出ている部分だと思います。ですからタンキニの水着を選ぶ際にはトップバストのサイズとヒップのサイズがあっているのかということが重要になるのです。横に伸びた場合には丈が短くなってしまいますし、長い着丈のものを選びたいと思っている人の場合には普段着ているサイズよりも少し大きめの水着を選ぶ方が無難だと思います。
タンキニは上がタンクトップのような形になっていて、下はスカートとアンダーパンツがついているというものが一般的には多いです。タンキニを選ぶ年代的には最近は出産後にお腹周りを出すことが難しいとしている女性に人気があるといわれています。確かに出産してからはお腹に妊娠線ができてしまうという人も多いと思いますから、それを隠すためにも水着でタンキニタイプのものを選ぶという人は多いのではないでしょうか。
タンキニの選び方としてはやはり自分が好きなデザインのものを選ぶというのもいいのですが体型によって色やデザインを選ぶといいかもしれません。好きな色やデザインが必ずしも体型をカバーしてくれるとは限りませんから体型なども考慮したうえで選ぶといいと思います。

ビキニ選びの注意点

水着のビキニと呼ばれるタイプができたのは1930年といわれています。できた当初は今のようにビキニとは呼ばれていませんでした。当時はツーピース水着というような名前で知られていたのですが、それから数年たった1946年にビキニという名前で呼ばれるようになりました。水着のビキニを考えたのはその当時ルイ・レアールという人のデザインでした。なぜこのときツーピース水着がビキニと呼ばれていたのかというと、ハワイにあるビキニ環礁から名前が付けられたのだそうです。ビキニ環礁では、この年に原爆実験が実施されたこともあって、破壊力があるとして破壊力がある水着という意味合いでビキニという名前が付けられるようになったといわれています。
ですが、ビキニの水着はブラジャーとショーツのような下着のようで少し露出が多すぎることから当時はビーチでビキニの水着を着ている人はビーチに入ることができないところもあったといわれています。ビキニがいまのように普通に着られるようになったのはそれからまださらに時間がたってからのことだと言われています。
ビキニというのは若い間しか着れないと思っている人も多く、出産をしたり体のラインが崩れた女性はワンピースを選びがちですが、実際には体のラインや体型をあまり出さないのはビキニの水着の方が見えないといわれていますから、選び方には注意した方がいいかもしれません。意外とワンピースなどの方が体のラインを強調して目立たせます。

ワンピース水着を選ぶには試着が大事

水着のタイプでワンピースのタイプの選び方について紹介したいと思います。ワンピースタイプになっている水着の選び方としてはまず、トップバストやヒップ、身長といった部分を重視しましょう。ワンピースタイプの水着の場合には、縦に伸びた場合には横に小さくなってしまうという特徴がありますし、横に伸びてしまうと縦に小さくなってしまいますから、サイズをしっかりと確かめたうえで水着を購入しなければどうしようもないということになります。
ワンピースタイプの水着を選ぶという場合にはトップバストとヒップの最大の値を確認して着れる身長最大値なども書かれているので、トップバスト、ヒップが最少の数字に近い場合には身長は最大の値よりも上であっても着ることが可能です。
数字だけを見てワンピースの水着を選ぶのではなくて、できればワンピースタイプの水着を選ぶ場合には実際に試着をしてみて選ぶというのが一番です。試着をしてみた時に少し肩幅が狭いとか方が痛いと思った場合には普段着ているサイズよりも少し大きめのサイズのワンピースの水着を選ぶというのが一番だと思います。
ワンピースタイプの水着の場合には他の水着に比べてサイズが小さくても何とか着れるというわけにはいきません。上から下までつながっているのでサイズ選びには特に慎重になった方がいいと思いますので水着でワンピースタイプのものを選ぶときにはできるだけ試着をしたうえで購入しましょう。

無地の水着を選ぶメリット

水着にはいろいろなデザインがあります。形が少し特徴的なものもあれば、柄が入っていて柄にインパクトがあるものなども販売されています。無地の水着というのはシンプルなのであまり選ばないという人も中にはいるかもしれません。無地の水着は確かにシンプルで、何のおしゃれもないでしょうしね。でも着こなし方によっては綺麗なシルエットを強調することができるのです。無地の水着というのは、形やデザインがシンプルですがそれがポイントになっていて、柄がないということはほかにもいろいろと工夫次第で楽しめるということにもつながるんですね。
例えばアクセサリーを楽しむこともできますし、小物を楽しむこともできますし、柄がないからこそ、無地だからこそできる水着のおしゃれの楽しみ方があるのではないでしょうか。水着が無地だと下に合わせるパレオの柄も何でも合いますし、はおるものなども何でも合います。着るものによって雰囲気を変えられるので同じ水着でも長い期間着ることができて重宝するのではないでしょうか。
アクセサリーも色々と工夫次第で可愛く変えることも可能です。無地だから地味というのではなくて、無地だからこそ楽しめる、ファッションをオリジナルで自分好みに何とでも変えられるというメリットがあるということを覚えておくといいと思います。
自分好みにいろいろと手を加えて水着を楽しみたいと思っている人にとっては、無地の水着が一番ぴったりだと思います。色は自分に合ったものを選びましょう。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www..com/" target="_blank">●</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。